最近の記事

  1. ワンストップのリノベーションサービス

    リノベーションをして理想の空間を手に入れたい場合でしたら、一体どのくらい…

  2. 中古住宅のリフォームで後悔?

     中古住宅のリフォームで後悔をされる方がいらっしゃいます。 これは一例ですが、中古住宅はそのまま住人が住んでいた状態で渡す「現状有姿」が一般的なので、引き渡し後に外壁にひび割れなどがあることもあります。 そのひび割れを直すために外壁塗装業者に依頼をしてみたところその業者がいわゆる悪徳業者で、とても安い値段を提示してきたので中古住宅購入後でお金があまりなかったそのお客様は飛びついたのが運の尽きでした。 外壁の塗膜が1年後には剥がれてきて文句を言っても「うちは…

  3. 中古住宅の神棚は?

    中古住宅の神棚はどうすればいいのでしょうか? 処分をするにもあ神棚を処分していいものかと迷う方も多いと思います。  私のお客さんで中古住宅を買われた方々のケースについてお話ししますと、そのお客様たちは特に神棚などは必要ないと言うお考えの方々でした。 そのため、神棚とその中にあるお札も一緒に年始のお正月が明けたころに神社で行われるお焚き上げ(どんど焼きと私の実家では言っています)で処分をされている方が多いです。 杯などの神具類についてはどんど焼きに…

  4. 中古住宅のお祓いは自分でできる?

     中古住宅のお祓いは自分でできるのでしょうか。 中古住宅を買ったばかりで、しかもそこまで気にしない方にとってどうしても祈祷にお金をかけるのが気が進まないこともあると思います。 具体的な祈祷料については過去記事「中古住宅お祓いの時期は?」をご覧ください。  ご自身で行う場合は粗塩をつかっておこないます。 よくご実家などに帰られるとご近所の玄関に家の前に三角錐状に塩を置いているご家庭を見たことがあるかもしれませんが、あれですね。 …

  5. 中古住宅のお祓いで準備するものは?

    中古住宅のお祓いで準備するものは何があるのでしょうか。 近くの神社に土鎮祭と上棟式を依頼してから色々と準備をしなくてはなりません。  まずは、水引が結び切りの熨斗袋に祈祷料を用意しますが、祈祷料は2~3万円になりますがこれは神社のホームページなどをご参考ください。 表書きは「初穂料」と書いておけば問題ありません。   また、他にも以下のようなものがお供え物として一般的に必要になります。・日本酒 一合・塩 0.5合・米 一合・お…

  6. 中古住宅のお祓い時期は?

    中古住宅のお祓いの時期はいつがベストなのでしょうか。 すでに住み始めてしまった場合でもお祓いは可能なのか等タイミングが難しいですよね。  中古住宅のお祓いの時期としては、入居前が一番多いです。 住み始める前に色々な気をお祓いしておきたいと言う気持ちからだと思いますが、一番人気のタイミングになりますね。 ですが稠子住宅の場合、引越し前はバタバタしてしまいがちになるので、入居後でも実は可能です。 近くの神社をネットで調べてみて、依頼をするよ…

  1. 中古住宅お祓いは必要?
  2. 中古住宅で雨漏り!瑕疵担保責任は?
  3. 中古住宅の寿命は?
  4. 中古住宅で害虫駆除は?
ページ上部へ戻る