ワンストップのリノベーションサービス

リノベーションをして理想の空間を手に入れたい場合でしたら、一体どのくらいの費用がかかるのかは不安という方も多いと思います。

・リノベーションをする際にかかる費用

リノベーションをする際にかかる費用としては、大きく分けて3つに分類できます。

1.物件購入時にかかる費用

まだ自分の物件が無い場合でしたら、まずは物件を購入する必要があります。
中古住宅や中古マンション等の中古物件購入に際して必要な費用は、大きく分けますと物件購入費と諸経費の2つが必要になってきます。
諸経費としては、仲介手数料、登録免許税、司法書士報酬等の手数料や税金関係があります。どのような諸経費が実際にはかかるかなど、物件購入時に確認しておくことをおすすめします。

2.リノベーションにかかる費用

リノベーションは非常に規模の大きな工事ですから、費用もそれなりに大きなものとなってきます。ただしリノベーションでも、建物をスケルトン状態にして完全に解体した状態で工事を進めていく大規模なものもあれば、外観や共用部分だけの工事といった小規模なものもありますので、かかる費用も大きく変わってきます。

3.居住後にかかる費用

リノベーションの後に電気系統を変更した等の住まいの様相の違いにより、その諸手続きから、実際のラーニンングコストが違ってくることもあります。これはリノベーション工事の内容により違いがあります。

ページ上部へ戻る